SSブログ
Home Theater ブログトップ
前の5件 | -

ANKER Nebula 4K Streaming Dongle ~ Android TVを買ってみた [Home Theater]

拙宅のTVはリビングのものが一番世代が古く2012年モデルの55インチ FHDテレビです。世代的に、もともと出来ることが少ないネットワーク対応機能がアップデートしきれず、今ではほとんど使用不能です。Android TVが必要とも考えていないのですが、他の部屋のTVの機能が、使用頻度の高いリビングのTVで利用できない不便さは感じていました。


スマートフォン用の充電器で愛用してより品質面でも信頼しているAnkerからAmazon Prime VideoやYoutube, Netflix等に対応するドングルが新発売になったと知り、早速購入して試してみました。


Anker Nebula 4K Streaming Dongleはモノとしては、Android TV(ver10)搭載の小型コンピュータです。Android TVですので、今の市場の多くのTVがそうであると同様に、Amazon Prime VideoやNETFLIXなどのストリーミングサービス対応アプリをインストールすることにより、ストリーミング対応可能です。また、僅かではありますが、対応しているゲームもあります。


TVにAnker Nebula 4K Streaming Dongleを付属のHDMIケーブルで接続。電源も接続し、TVの電源を入れると、TV側がHDMI CEC対応であれば、Anker Nebula 4K Streaming Dongleの初期設定画面が表示されます。(表示されない場合は、TVの入力切替)まずは、リモコンの設定。ドングルとリモコンを20cm以下の距離まで近づけ、画面に従いリモコンを操作するとAnker Nebula 4K Streaming Dongleとリモコンが接続されます。接続はBluetoothです。その後もTV画面に従い、先ほど設定したリモコンを用いて簡単な設定をするだけです。Androidスマートフォンユーザーならば、スマートフォンの設定をWi-Fi経由でコピーしてAnker Nebula 4K Streaming Dongleの初期設定が可能です。


全ての設定が終われば、本製品のリモコンのホームボタンを押すことで、今までのTVが、Anker Nebula 4K Streaming Dongleに切り替わり、Android TVのホーム画面が表示され、あたかもAndroid TV化したような気分を味わえます。最大の違いは、Anker Nebula 4K Streaming Dongleはチューナーレスで地上波/BS/CS等の放送波には対応していないので、放送されている番組に関する情報はありません。それはもともとのTVの機能を使うことになります。Android TV化が出来るわけではなく、入力を切り替えると、Android TVとして使えるようになる。と、説明したほうが正確ですね。


Android TVとしてのGUIの動きは比較的滑らかで操作感が良いと感じました。Android TVですから、音声入力でGoogleアシスタントが使用可能です。

現時点で、Amazon Prime VideoやYoutubeを視聴した程度であまり使いこんではいませんが、AmazonのFire TV Stick 4K Maxとは異なる選択肢として面白いのではないかと思います。



スポンサーリンク
タグ:Android TV
nice!(1)  コメント(0) 

AMAZONでbuffalo製nasne予約開始、も、早々に売り切れ [Home Theater]


バッファロー nasne HDDレコーダー 2TB 地デジ / BS / CS チューナー torne 【 PS4 / iPhone / iPad / Android / Windows 対応 】 NS-N100

バッファロー nasne HDDレコーダー 2TB 地デジ / BS / CS チューナー torne 【 PS4 / iPhone / iPad / Android / Windows 対応 】 NS-N100

  • 出版社/メーカー: バッファロー
  • 発売日: 2021/03/31
  • メディア: エレクトロニクス

AmazonでBuffalo製のnasneの予約が始まりましたが、早々に品切れ。出遅れました。私が見た時の販売価格は29800円でしたから、今後出てくる可能性のある転売屋のプレミア価格に注意しましょう。


私は最初の回収対象となったnasneユーザーです。



スポンサーリンク
タグ:nasne
nice!(1)  コメント(0) 

安価な中華HDMI AOCケーブルに驚く [Home Theater]

最近、光ファイバーHDMIケーブルが流行っているようですね。

たまたま、ネットで見かけた記事が従来の金属導線のHDMIケーブルをひどく貶めるもので苦笑(こういう事をやるからAV評論家の信頼度は苦笑レベルなのです)してしまいましたが、長尺でも劣化が少なく、軽量で取り回しやすい光ファイバーケーブルにちょっと興味を持ちました。


たまたま、数千円で購入できる中華ノーブランド光ファイバー HDMIケーブル 10mを入手したのですが、これが、AVアンプ~TV間で問題なく4K HDR信号を通してくれて驚きました。WIREWORLDの旧世代(一番安いグレード)のHDMI v1.3bケーブル(5m)を使用していたのですが、画質に違いは感じません。音質はTV~AVアンプ間は関係ないので未確認ですし、長期安定して使えるかわかりませんが、とにかく、数千円のケーブルで4K HDRを通す性能があるのは確認できました。(正直、自信をもって紹介できる確信はないので、商品LINKはありません。)


音に関しては、LANケーブル、USBケーブルまで音の違いを認めるし、原因もある程度想像できるのですが、画に関しては伝送した動画データをデコードしたものを、再構築(音のプロセスとは全く違います)したものを出力しているので、エラー補正範囲内の伝送がなされていれば、ケーブルでの画質の違いは発生しないと思います。10ペア以上のスピーカーケーブルを組み合わせによって使い分けている、ケーブルマニアの傾向がある私の判断です。


なお、HDMI v1.3bケーブルでは通らないはずの4K HDRが通ってしまったので、WIREWORLDはやっぱり優秀だった模様。


P.S.

気を良くして、評価が高いFIBBRのAOCケーブルを買いました。FHD解像度のプロジェクター用なので、ARCにもHDRにも非対応の旧世代モデルで充分。画質は今まで使用していたSONYの平型HDMIケーブルと差異は感じませんが、軽量で取り回ししやすいのはケーブルの設置が立体的になるプロジェクター用としては大きなメリットです。実はプロジェクターとAVアンプ間のHDMIケーブル長は8m程度あればよく、今までの10mケーブルは少々邪魔だったのですが、光ファイバーケーブルだと、余分な2m分を巻いて何の問題もなく、最短の長さを探す必要性はそれほどなさそうです。

FIBBR HDMI ケーブル 50m ハイスピード 4K @30HZ 10.2Gbps 高耐久 HDMIケーブル 1080p 3D 4K HDMIコード

FIBBR HDMI ケーブル 50m ハイスピード 4K @30HZ 10.2Gbps 高耐久 HDMIケーブル 1080p 3D 4K HDMIコード

  • 出版社/メーカー: EverPro Technologies Company Ltd
  • メディア: エレクトロニクス
軽量ケーブルなので、両面テープ付のフックで固定できました。
3M コマンド フック キレイにはがせる 両面テープ コード用 クリア Sサイズ 20個 CMG-S-CL20

3M コマンド フック キレイにはがせる 両面テープ コード用 クリア Sサイズ 20個 CMG-S-CL20

  • 出版社/メーカー: スリーエム(3M)
  • 発売日: 2018/06/25
  • メディア: オフィス用品

スポンサーリンク
タグ:HDMI
nice!(3)  コメント(0) 

BDレコーダーのUSB HDDの相性に悩む [Home Theater]

最近購入したSONY製BDレコーダーの BDZ-FBT1000と、BuffaloのSeeQVault対応HDD HDV-SQ4.0U3/VCの接続で悩んでいました。


レコーダー接続まえにPCで8~9時間かけたフルセクタチェックで問題なく動作したものが。BDレコーダーに接続すると、最初は認識するものの、暫く使っていると接続が切れてしまいます。ダビング中にもトラブルが発生するので、USB HDDの省電力モードとは関係なさそう…


Buffalo社への問い合わせでは、両者の間に相性問題は発生していないとの事。ソニーに修理に出しましたが、私のハードディスクでは症状が再現するものの、修理センターにあるHDV-SQ1.0U3/VCでは、症状が発生せず戻ってきてしまいました… (いや、そこは、同じ HDV-SQ4.0U3/VC を用意して確認しろよ!と、言いたいところですが。)

 

私は、今までにも数台のHDV-SQ4.0U3/VCを購入して他のBDレコーダーで使用しているのですが、BDレコーダーとの組み合わせでトラブルは経験していません。

それとは別に、昔購入したPC用に利用していたUSB HDDか変換機に付属していたUSB3.0ケーブルが品質イマイチだったのか、付属品では接続が不安定で別のもの使用したら安定して動作したことを思い出し、本体付属品とは別にUSBケーブルを購入し試してみました。これが大当たり。今のところレコーダーとの接続問題は発生せず、安定して接続できています。付属のケーブルでもPCとの接続には全く問題なかったのですが…  まあ、こういう事もあるのでしょう。


私が購入したのはこのケーブル(備忘録)


エレコム USBケーブル 【microB】 USB3.0 (USB A オス to microB オス) スタンダード 1m ブラック USB3-AMB10BK

エレコム USBケーブル 【microB】 USB3.0 (USB A オス to microB オス) スタンダード 1m ブラック USB3-AMB10BK

  • 出版社/メーカー: エレコム
  • 発売日: 2013/04/08
  • メディア: Personal Computers
BUFFALO SeeQVault対応 3.5インチ 外付けHDD 4TB HDV-SQ4.0U3/VC

BUFFALO SeeQVault対応 3.5インチ 外付けHDD 4TB HDV-SQ4.0U3/VC

  • 出版社/メーカー: バッファロー
  • 発売日: 2017/04/24
  • メディア: Personal Computers
ソニー SONY 4Kチューナー内蔵 Ultra HD ブルーレイ/DVDレコーダー 1TB 3チューナー  2019年モデル BDZ-FBT1000

ソニー SONY 4Kチューナー内蔵 Ultra HD ブルーレイ/DVDレコーダー 1TB 3チューナー 2019年モデル BDZ-FBT1000

  • 出版社/メーカー: ソニー(SONY)
  • 発売日: 2019/11/08
  • メディア: エレクトロニクス
ソニー SONY 4Kチューナー内蔵 Ultra HD ブルーレイ/DVDレコーダー 2TB 3チューナー 2019年モデル BDZ-FBT2000

ソニー SONY 4Kチューナー内蔵 Ultra HD ブルーレイ/DVDレコーダー 2TB 3チューナー 2019年モデル BDZ-FBT2000

  • 出版社/メーカー: ソニー(SONY)
  • 発売日: 2019/11/08
  • メディア: エレクトロニクス
ソニー SONY 4Kチューナー内蔵 Ultra HD ブルーレイ/DVDレコーダー 3TB 3チューナー 2019年モデル BDZ-FBT3000

ソニー SONY 4Kチューナー内蔵 Ultra HD ブルーレイ/DVDレコーダー 3TB 3チューナー 2019年モデル BDZ-FBT3000

  • 出版社/メーカー: ソニー(SONY)
  • 発売日: 2019/11/08
  • メディア: エレクトロニクス
ソニー SONY 4Kチューナー内蔵 Ultra HD ブルーレイ/DVDレコーダー 4TB 3チューナー 2019年モデル BDZ-FBT4000

ソニー SONY 4Kチューナー内蔵 Ultra HD ブルーレイ/DVDレコーダー 4TB 3チューナー 2019年モデル BDZ-FBT4000

  • 出版社/メーカー: ソニー(SONY)
  • 発売日: 2019/11/08
  • メディア: エレクトロニクス

スポンサーリンク
nice!(2)  コメント(0) 

TV壁掛け金具の新しい形 石膏ボード [Home Theater]

大型家電販売店の店頭で面白いテレビスタンド?壁掛け金具?を発見。

ハヤミの壁掛けの様なTVスタンド 壁面スタンドシリーズです。
一般的な建材の一つ、石膏ボードの壁にテレビを壁掛けする場合、石膏ボードには充分な強度がないため、壁面の補強が必要となります。DIYに慣れていない人にとっては、少々大変な作業ですし、業者に頼むとそれなりの金額が掛かり、TVの壁掛けの障壁となっていると思います。
手軽な解決策として、壁寄せスタンドと呼ばれる製品があますが、ベース部分が大きいのが難点。私は壁寄せスタンドとAVラックを組み合わせて使用しているのですが、ベース部分の厚みの為、ラックを木製のキューブで持ち上げて使用しています。
本製品は、壁寄せスタンドのベース部分がない構造。金属製の本体が床を支え、スタンドが倒れないように石膏ボードにピンでとめるだけ。テレビの重量はスタンドで支え壁の補強を不要とし、倒れ防止は石膏ボードの強度で充分という設計なのでしょう。

壁寄せスタンドのベース部分が単体で邪魔で仕方ない。というケースはそれほどないような気がしますが、私のように、AVラックや家具との干渉で困っている人にとっては良い選択肢と思います。

EW-72B/Wは43インチまで。EW-74B/Wは60インチまで推奨ですが、TVの重量制約の方が重要かと。ちょっと旧式の重たいテレビには使用できないかもしれません。

ハヤミ 壁面スタンド TIMEZ・EWseries ダークグレー木目 EW-72B

ハヤミ 壁面スタンド TIMEZ・EWseries ダークグレー木目 EW-72B

  • 出版社/メーカー: ハヤミ
  • メディア: エレクトロニクス
ハヤミ 壁面スタンド TIMEZ・EWseries ダークグレー木目 EW-72B

ハヤミ 壁面スタンド TIMEZ・EWseries ダークグレー木目 EW-72B

  • 出版社/メーカー: ハヤミ
  • メディア: エレクトロニクス
ハヤミ 壁面スタンド TIMEZ・EWseries ライトブラウン木目 EW-72W

ハヤミ 壁面スタンド TIMEZ・EWseries ライトブラウン木目 EW-72W

  • 出版社/メーカー: ハヤミ
  • メディア: エレクトロニクス
ハヤミ 壁面スタンド TIMEZ・EWseries ダークグレー木目 EW-74B

ハヤミ 壁面スタンド TIMEZ・EWseries ダークグレー木目 EW-74B

  • 出版社/メーカー: ハヤミ
  • メディア: エレクトロニクス
ハヤミ 壁面スタンド TIMEZ・EWseries ライトブラウン木目 EW-74W

ハヤミ 壁面スタンド TIMEZ・EWseries ライトブラウン木目 EW-74W

  • 出版社/メーカー: ハヤミ
  • メディア: エレクトロニクス
シリーズは43インチまで


スポンサーリンク
nice!(2)  コメント(0) 
前の5件 | - Home Theater ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。