SSブログ

12/11時点でグレンダイザーUについてわかったこと色々 [COMICS/ANIME]

公式サイトやXが更新されて、マジンガーZのメカデザインが公開。PVも公開されました。


自分なりに、現在明らかにになった事と、ささやかな想像を纏めてみました。


今作のデュークフリードは記憶を失った状態で兜甲児に拾われ、大介と名付けられ彼の庇護下に入るようです。出会いとしては旧作に近いですが、旧作では素性を画していたものの、デュークフリードは記憶を失っていないという差があるようです。


本作の世界観では、兜甲児は兜財団を率いており、かなりの財力と社会的な力を持っているようで、二人の組み合わせの説得力としては面白いですね。若い甲児が兜財団の代表であるということは、兜重蔵、兜剣蔵両博士は旧東映のマジンガーシリーズ同様、故人なのでしょう。


宇門大介の義父となる宇門源蔵は光子力研究所の副所長で弓弦之介の部下となります。旧作の舞台であった宇宙科学研究所は存在しないか、光子力研究所の系列組織なのかもしれない。もしくはグレンダイザーの物語の中で、対宇宙人研究のために新規設立されるのかもしれませんね。


現状、剣鉄也とグレートマジンガーに関する情報は無く、情報の出し惜しみでなければ、本作はミケーネ帝国との闘いの無かった世界かもしれない。デュークフリードと兜甲児に加えて戦闘のプロの登場は情報過多かもしれない。でも、ボスはいるんじゃないかな?


グレンダイザーはGN因子を持つスターカーしか操縦できない。旧作ではフリード星の王族限定だったか?設定としては近いが、ベガ星サイドに、スターカー騎士団が存在し、スターカーは一人ではない。現在確認されているのは、デュークに加えて、ベガ星側のテロンナ・アクア・ベガとカサド。ゼオラ・ホワイター


テロンナは東映版グレンダイザーのプロト版であった宇宙円盤大戦争のヒロインの名前からなので、宇宙円盤大戦争の要素も拾うのでしょう。PVに宇宙円盤大戦争の主役メカであるガッタイガーに似たデザインの宇宙船と白いロボット(見た目は全く似ていないがロボイザーのリファインか?)が登場していたので、これはテロンナが登場するグレンダイザー級のスーパーロボットと予想。スターカー因子の元ネタになっているのは宇宙円盤大戦争での変身アイテム兼ガッタイガーの操縦キーのスターカーでしょう。


今作ではグレンダイザーの敵は円盤獣だけでなく、グレンダイザー級のスーパーロボット(いわば中ボス、ラスボス)クラスが存在しているんでしょう。



旧作から最も雰囲気と立ち位置が異なるのが牧場ヒカル。絶海の孤島で島の遺跡を守る巫女として設定されている。物語の中心のデュークフリードが宇宙からの来訪者なのに、物語に地球の遺跡が関係してくるのはなぜだろう?オールドファンであれば、桜多吾作版グレンダイザーに出てきた大魔神ラーガを思い浮かべるのではないでしょうか?MVにもラーガの様な見た目の遺跡の像が見て取れます。


グレンダイザーUが宇宙円盤大戦争の要素を取り込んでいるのは確定だが、自由な作風の桜多吾作版グレンダイザーの要素も内包しているかもしれない。となると超古代文明シグマネタも?(桜多吾作、特にグレンダイザーは人を選ぶと思います)


さて、オールドファン長年の希望であった、マジンガーZはグレンダイザーに登場する様だ。PVにスクランダーで飛びブレストバーンを発射するシーンがあり、公式ホームページの記述からも、宇宙からの侵略者と戦うシーンがあるのでしょう。これについては純粋にうれしい。


が、グレンダイザーの左手に、パイルダーがついたままのマジンガーZの頭部があり、マジンガーZが何者かに敗北するのは確定の模様。まあ、主役はグレンダイザーですからねぇ。マジンガーZからグレートマジンガーへの主役交代が衝撃的だったが故に、マジンガーZの敗北が物語に組み込まれがちなの、ちょっと複雑ではあります。



個人的には円盤獣には辛勝、敵のグレンダイザー級に敗北くらいにしてほしい…





UFOロボ グレンダイザー 1975-77 [初出完全版]

UFOロボ グレンダイザー 1975-77 [初出完全版]

  • 出版社/メーカー: 復刊ドットコム
  • 発売日: 2020/01/31
  • メディア: コミック



ダイナマイトアクション! NO.19 UFOロボグレンダイザー グレンダイザー

ダイナマイトアクション! NO.19 UFOロボグレンダイザー グレンダイザー

  • 出版社/メーカー: エヴォリューション トイ
  • 発売日: 2015/04/28
  • メディア: おもちゃ&ホビー


スポンサーリンク
nice!(1)  コメント(0) 

LANケーブルの取り回しは結構大切 [PC]

放置していた古いNASキットの再利用のために動作テスト。適当なHDDを入れて問題なく動作することを確認。(実は最新版のFWに更新するのにちょっと苦労した)ベンチマークテストをしてみたところ、妙に遅い。実用にはちょっと厳しい値。入手したとき、(当時の)エントリーモデルとはいえ、予想外の性能の良さに驚いたので、ちょっとおかしい。


2023-12-08.png
過去にテストした時は100MB/s前後出ていたと思う。
試用のLANケーブルを確認。今更新品で買うことはないだろうCAT-5eのケーブルだった。何年前に入手したものだろう?とはいえ、ボトルネックになるほど遅くはないはず。ただ、ケーブルの取り回しが悪くケーブルで反射でも起きていたら嫌だなと思い、取り回しを綺麗にしたら
2023-12-08 (2).png
本来の性能を発揮しました。ケーブルの取り回しで、NASの性能(実際にはネットワーク速度化)が影響を受けることはあるとは!あまり意識していなかったケースでした。
LANケーブル類、見直した方が良いかな?と、思う事件でもありました。
エレコム LANケーブル CAT6A 3m ツメが折れない 爪折れ防止コネクタ cat6a対応 スタンダード ブルー LD-GPAT/BU30

エレコム LANケーブル CAT6A 3m ツメが折れない 爪折れ防止コネクタ cat6a対応 スタンダード ブルー LD-GPAT/BU30

  • 出版社/メーカー: エレコム(ELECOM)
  • 発売日: 2013/01/18
  • メディア: Personal Computers

スポンサーリンク
nice!(1)  コメント(0) 

PHILIPSのシェーバーの替刃価格が高騰していたので、本体ごと買い替えた話 [AUDIO]

PHILIPSのシェーバーを愛用しています。最近まで使用していたのは最上位モデルの9000シリーズ。

替刃の交換ランプが点灯したので、対応する替刃の値段を調べたところ、10000円以上して目を疑いました。(私がチェックした時は14000円以上、価格が安定していないようです)

【正規品】フィリップス メンズシェーバー 9000シリーズ 替刃 SH91/51 ブラック

【正規品】フィリップス メンズシェーバー 9000シリーズ 替刃 SH91/51 ブラック

  • 出版社/メーカー: Philips(フィリップス)
  • 発売日: 2022/02/18
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
2021年に当時の替刃のSH9081を購入したときは楽天のEdionで税込5837円でしたが、現在、後継のSH9151が1万円以上。本体も使い始めて5年くらいは経過し、専用のアルコール洗浄機も故障しているし、いつ壊れても不思議のない本体用の替刃に1万円は出したくないと思い、新機種購入を決断。


結局、楽天のキャンペーンやクーポンで実売1万円を切る値段で購入できた5000シリーズを購入。実際に使用してみると、そこまで髭が濃くなく、深剃り願望も強くない私には、5000シリーズで充分でした。


最も改善を感じたのは、専用のアルコールクリーナー。旧タイプはモーターを内蔵していたのですが、クリーナーが倒れてアルコールがこぼれるとモーターや電気回路が故障する原因となり、私も2個ほど壊したことがあるのですが、修理窓口経路で15000円程度と非常に高価なもので、設計の悪さと合わせて不満が大きかったのですが、現モデルのクリーナーは機械的なポンプのみのシンプルなタイプ。シェーバー本体のモーターを利用してポンプを動かしてアルコール洗浄するもので、はるかに優れた設計で、故障もしにくいことが予想されます。補修部品として購入しても安価でしょう。


というわけで、高級旧型モデルに拘るより、現行普及モデルに鞍替えした方が幸せになれるという例でした。(もちろん、替刃も安価です)





スポンサーリンク
nice!(1)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。