SSブログ
COMICS/ANIME ブログトップ
前の5件 | -

12/11時点でグレンダイザーUについてわかったこと色々 [COMICS/ANIME]

公式サイトやXが更新されて、マジンガーZのメカデザインが公開。PVも公開されました。


自分なりに、現在明らかにになった事と、ささやかな想像を纏めてみました。


今作のデュークフリードは記憶を失った状態で兜甲児に拾われ、大介と名付けられ彼の庇護下に入るようです。出会いとしては旧作に近いですが、旧作では素性を画していたものの、デュークフリードは記憶を失っていないという差があるようです。


本作の世界観では、兜甲児は兜財団を率いており、かなりの財力と社会的な力を持っているようで、二人の組み合わせの説得力としては面白いですね。若い甲児が兜財団の代表であるということは、兜重蔵、兜剣蔵両博士は旧東映のマジンガーシリーズ同様、故人なのでしょう。


宇門大介の義父となる宇門源蔵は光子力研究所の副所長で弓弦之介の部下となります。旧作の舞台であった宇宙科学研究所は存在しないか、光子力研究所の系列組織なのかもしれない。もしくはグレンダイザーの物語の中で、対宇宙人研究のために新規設立されるのかもしれませんね。


現状、剣鉄也とグレートマジンガーに関する情報は無く、情報の出し惜しみでなければ、本作はミケーネ帝国との闘いの無かった世界かもしれない。デュークフリードと兜甲児に加えて戦闘のプロの登場は情報過多かもしれない。でも、ボスはいるんじゃないかな?


グレンダイザーはGN因子を持つスターカーしか操縦できない。旧作ではフリード星の王族限定だったか?設定としては近いが、ベガ星サイドに、スターカー騎士団が存在し、スターカーは一人ではない。現在確認されているのは、デュークに加えて、ベガ星側のテロンナ・アクア・ベガとカサド。ゼオラ・ホワイター


テロンナは東映版グレンダイザーのプロト版であった宇宙円盤大戦争のヒロインの名前からなので、宇宙円盤大戦争の要素も拾うのでしょう。PVに宇宙円盤大戦争の主役メカであるガッタイガーに似たデザインの宇宙船と白いロボット(見た目は全く似ていないがロボイザーのリファインか?)が登場していたので、これはテロンナが登場するグレンダイザー級のスーパーロボットと予想。スターカー因子の元ネタになっているのは宇宙円盤大戦争での変身アイテム兼ガッタイガーの操縦キーのスターカーでしょう。


今作ではグレンダイザーの敵は円盤獣だけでなく、グレンダイザー級のスーパーロボット(いわば中ボス、ラスボス)クラスが存在しているんでしょう。



旧作から最も雰囲気と立ち位置が異なるのが牧場ヒカル。絶海の孤島で島の遺跡を守る巫女として設定されている。物語の中心のデュークフリードが宇宙からの来訪者なのに、物語に地球の遺跡が関係してくるのはなぜだろう?オールドファンであれば、桜多吾作版グレンダイザーに出てきた大魔神ラーガを思い浮かべるのではないでしょうか?MVにもラーガの様な見た目の遺跡の像が見て取れます。


グレンダイザーUが宇宙円盤大戦争の要素を取り込んでいるのは確定だが、自由な作風の桜多吾作版グレンダイザーの要素も内包しているかもしれない。となると超古代文明シグマネタも?(桜多吾作、特にグレンダイザーは人を選ぶと思います)


さて、オールドファン長年の希望であった、マジンガーZはグレンダイザーに登場する様だ。PVにスクランダーで飛びブレストバーンを発射するシーンがあり、公式ホームページの記述からも、宇宙からの侵略者と戦うシーンがあるのでしょう。これについては純粋にうれしい。


が、グレンダイザーの左手に、パイルダーがついたままのマジンガーZの頭部があり、マジンガーZが何者かに敗北するのは確定の模様。まあ、主役はグレンダイザーですからねぇ。マジンガーZからグレートマジンガーへの主役交代が衝撃的だったが故に、マジンガーZの敗北が物語に組み込まれがちなの、ちょっと複雑ではあります。



個人的には円盤獣には辛勝、敵のグレンダイザー級に敗北くらいにしてほしい…





UFOロボ グレンダイザー 1975-77 [初出完全版]

UFOロボ グレンダイザー 1975-77 [初出完全版]

  • 出版社/メーカー: 復刊ドットコム
  • 発売日: 2020/01/31
  • メディア: コミック



ダイナマイトアクション! NO.19 UFOロボグレンダイザー グレンダイザー

ダイナマイトアクション! NO.19 UFOロボグレンダイザー グレンダイザー

  • 出版社/メーカー: エヴォリューション トイ
  • 発売日: 2015/04/28
  • メディア: おもちゃ&ホビー


スポンサーリンク
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

吾妻ひでおの最新ベスト選集 [COMICS/ANIME]

吾妻ひでおの作品は、掲載誌が学習誌・少年誌・エロ・SF・4コマ等多岐にわたる為、出版社も色々で集めるのが大変です。私がファンになった25年前なら、古本屋を回る事によりなんとかなりましたが、今はかなり困難でしょう。当時、少年誌系は揃えなかったのが、今になってちょっと後悔…

吾妻ひでおファンで、子供のころ、吾妻先生の作品をみて、「なんで、この人は自分の頭の中の事がわかるのだろう?」と、思ったほどという山本直樹が選らび、解説も付けた、この作品集は期待です。きっと、私の知らない吾妻ひでお作品も出てくるはず。

失踪日記で吾妻ひでおを知った方も是非。


21世紀のための吾妻ひでお Azuma Hideo Best Selection

21世紀のための吾妻ひでお Azuma Hideo Best Selection

  • 作者: 吾妻 ひでお
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2012/01/26
  • メディア: コミック




吾妻ひでお〈総特集〉---美少女・SF・不条理ギャグ、そして失踪(文藝別冊)

吾妻ひでお〈総特集〉---美少女・SF・不条理ギャグ、そして失踪(文藝別冊)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2011/04/18
  • メディア: ムック



ネオ・アズマニア (1) (ハヤカワコミック文庫 (JA867))

ネオ・アズマニア (1) (ハヤカワコミック文庫 (JA867))

  • 作者: 吾妻 ひでお
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2006/11
  • メディア: 文庫



チョコレート・デリンジャー

チョコレート・デリンジャー

  • 作者: 吾妻 ひでお
  • 出版社/メーカー: 青林工藝舎
  • 発売日: 2008/01
  • メディア: コミック



ななこSOS2 (ハヤカワ文庫JA)

ななこSOS2 (ハヤカワ文庫JA)

  • 作者: 吾妻 ひでお
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2005/04/08
  • メディア: 文庫




スポンサーリンク
タグ:吾妻ひでお
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

吾妻ひでお新刊 失踪入門 [COMICS/ANIME]

久しぶりの吾妻ひでおの新刊。失踪入門が出版されました。

コミックリュウ本誌に連載されていた、香山リカの実弟の中塚圭骸とコミックリュウ編集長との3者における、インタビュー形式の対談集です。新作コミック部分6ページ ~ ホームレス再入門6ページも収録されています。

私は、コミックリュウ本誌を購読しているので、そちらで読んでいました。

どうも、この中塚氏、悪気は無いのだろうと思いますが、かつて吾妻ひでおを追い詰めたという悪いファンの代表格のようにも見えますが、暖かい目で見守ってるような、吾妻先生の優しさに感動?

彼の発言から、彼の姉の異常な性格や歪んだ職業意識(治療に来た患者をしかりつけるなど、驚きますよ!)が垣間見れるのは、別の意味で面白いかも?

失踪入門 人生はやりなおせる!

失踪入門 人生はやりなおせる!

  • 作者: 吾妻ひでお
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2010/03/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
失踪日記

失踪日記

  • 作者: 吾妻 ひでお
  • 出版社/メーカー: イースト・プレス
  • 発売日: 2005/03
  • メディア: コミック

失踪日記が、現在、何版目になっているか、ご存知の方はお教えください。


スポンサーリンク
タグ:吾妻ひでお

サマーウォーズ Blu-ray化 [COMICS/ANIME]

2009年夏のアニメは、サマーウォーズと、ヱヴァンゲリヲン破の2作品が良かったですね。どちらも、キャラクターデザインが貞本氏。HD製作ですから、BDの画質も期待できるでしょう。

田舎の大家族というのは、私も馴染みが無くて良く分からないのですが、すごく上手に描けていると感じましたね。おばあさん役の富司純子の存在感がすごさの影響も大きかったろうけど、細田監督のつくりは丁寧で好きです。流行のモノとは違う意味で、アニメーションのよさを活かしていますね。

コンピュータによるバーチャルリアリティ的なものは、誰が書いても、まだまだ、陳腐に感じてしまうなぁ… それは仕方ないかもしれませんが。昔のVAIOについていた、さぱり というアプリを思い出してしまったのは内緒です。

サマーウォーズ [Blu-ray]

サマーウォーズ [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: バップ
  • メディア: Blu-ray
サマーウォーズ [DVD]

サマーウォーズ [DVD]

  • 出版社/メーカー: バップ
  • メディア: DVD

スポンサーリンク
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

大阪万博購入しました [COMICS/ANIME]

あずまんが大王関連の資料本です。

ブーム当時、300円がちゃがちゃの多くが、あずまんが大王関係。そういえば、私もけっこうやったなー。当時、なかなかよいできに驚いたのですが、フィギュアほしかったら、もうちょっとちゃんとしたものを買ったほうがよいですよね。

そういった、あずまんがブーム当時の周辺アイテム等の資料がそろってます。マニア向け書籍ですね。メディアワークス版と新装版の比較などをやっているのも面白いですね。アナログ原稿の切り貼りで新装版の原稿を作っていたのですか!スキャナで取り込んでデジタルで作っているものとばかり思っていました。

後半半分くらいはアンソロジーコミックの系統。あずまんが大王で始まった(?)、萌4コマは読まないのですが、やっぱり、あずまきよひこは面白いのだな。と、再認識(笑

篠房六郎は面白かったです。

大阪万博

大阪万博

  • 作者: よつばスタジオ
  • 出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2009/10/24
  • メディア: 単行本
あずまんが大王1年生 (少年サンデーコミックススペシャル)

あずまんが大王1年生 (少年サンデーコミックススペシャル)

  • 作者: あずま きよひこ
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2009/06/11
  • メディア: コミック
あずまんが大王 2年生 (少年サンデーコミックススペシャル)

あずまんが大王 2年生 (少年サンデーコミックススペシャル)

  • 作者: あずま きよひこ
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2009/07/17
  • メディア: コミック
あずまんが大王 3年生 (少年サンデーコミックススペシャル)

あずまんが大王 3年生 (少年サンデーコミックススペシャル)

  • 作者: あずま きよひこ
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2009/08/18
  • メディア: コミック
    百舌谷さん逆上する 1 (アフタヌーンKC)

    百舌谷さん逆上する 1 (アフタヌーンKC)

    • 作者: 篠房 六郎
    • 出版社/メーカー: 講談社
    • 発売日: 2008/06/23
    • メディア: コミック

スポンサーリンク
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック
前の5件 | - COMICS/ANIME ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。