SSブログ

NURO 悪質な乗り換え勧誘の電話 [DIARY]

私は自宅回線はNUROを使用しています。

「セキュリティに問題のあるMADE IN CHINAのルーターの交換」の照会といった体で、NUROを名乗る電話がありました。電話の主は女性でサポートセンターっぽい感じの口調。しかし、着信時間は20時を過ぎていて少々怪しい。


ZTEやHUAWEIを話題に出していたが、アメリカの公共機関での使用禁止って今から何年前だ?定期的にチェックしているNUROのサイトではルーター交換の話を見た覚えがない(が、見落としかもしれない。)等と、考えながら、本当の電話の場合も考えて、丁寧に電話応対しました。ただし、ルーターの交換の依頼をするにしても、ネット経由で申し込むので電話では何も決めない。と、心に決めつつ。


ルーターの側面シールの MADE IN CHINAも文字を確認させられる。中国製ルーターのセキュリティ問題、という設定に説得力をつけようというのだろうか?この時点で、笑いをこらえるのに必死。NUROのユーザーページには、ルーターの型番が表示されており、サポートセンターが判らないはずがない。

電話口から、「ルーターの切替に伴い、KDDIの回線に変更。」という話がでる。

「え?NUROなのになぜKDDIの回線?」

「SO-NETから電話をしています。」


という会話ですべてを理解。

これは、SO-NETやNUROのからの電話ではなく、AUひかり回線を扱う代理店による、詐欺的な乗り換え勧誘の電話だ。


「ああ、これSO-NETでもNUROでもなく、KDDIの回線を扱う代理店の詐欺的な勧誘ですね。」と、指摘すると電話ガチャ切り(笑)


でもまあ、割と巧みだったので、騙される人いるだろうなぁ。Twitter(現X)で検索しても、同じような電話をうけた人、ご実家の回線が切り替えられてい締まった人等が見つかった。Facebookに(このBlogのもととなる)記事を書いたら、最近同じ電話があったという知人もいた。

昔で言うところの「消防署の方から来ました」詐欺です。皆様、ご注意ください。

NUROには、この手の詐欺的営業に関する通報窓口もあったので、電話番号含めて通報済。

インターネットの悪質な乗り換え勧誘について


スポンサーリンク
タグ:詐欺
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。