SSブログ

ANKER Nebula 4K Streaming Dongle ~ Android TVを買ってみた [Home Theater]

拙宅のTVはリビングのものが一番世代が古く2012年モデルの55インチ FHDテレビです。世代的に、もともと出来ることが少ないネットワーク対応機能がアップデートしきれず、今ではほとんど使用不能です。Android TVが必要とも考えていないのですが、他の部屋のTVの機能が、使用頻度の高いリビングのTVで利用できない不便さは感じていました。


スマートフォン用の充電器で愛用してより品質面でも信頼しているAnkerからAmazon Prime VideoやYoutube, Netflix等に対応するドングルが新発売になったと知り、早速購入して試してみました。


Anker Nebula 4K Streaming Dongleはモノとしては、Android TV(ver10)搭載の小型コンピュータです。Android TVですので、今の市場の多くのTVがそうであると同様に、Amazon Prime VideoやNETFLIXなどのストリーミングサービス対応アプリをインストールすることにより、ストリーミング対応可能です。また、僅かではありますが、対応しているゲームもあります。


TVにAnker Nebula 4K Streaming Dongleを付属のHDMIケーブルで接続。電源も接続し、TVの電源を入れると、TV側がHDMI CEC対応であれば、Anker Nebula 4K Streaming Dongleの初期設定画面が表示されます。(表示されない場合は、TVの入力切替)まずは、リモコンの設定。ドングルとリモコンを20cm以下の距離まで近づけ、画面に従いリモコンを操作するとAnker Nebula 4K Streaming Dongleとリモコンが接続されます。接続はBluetoothです。その後もTV画面に従い、先ほど設定したリモコンを用いて簡単な設定をするだけです。Androidスマートフォンユーザーならば、スマートフォンの設定をWi-Fi経由でコピーしてAnker Nebula 4K Streaming Dongleの初期設定が可能です。


全ての設定が終われば、本製品のリモコンのホームボタンを押すことで、今までのTVが、Anker Nebula 4K Streaming Dongleに切り替わり、Android TVのホーム画面が表示され、あたかもAndroid TV化したような気分を味わえます。最大の違いは、Anker Nebula 4K Streaming Dongleはチューナーレスで地上波/BS/CS等の放送波には対応していないので、放送されている番組に関する情報はありません。それはもともとのTVの機能を使うことになります。Android TV化が出来るわけではなく、入力を切り替えると、Android TVとして使えるようになる。と、説明したほうが正確ですね。


Android TVとしてのGUIの動きは比較的滑らかで操作感が良いと感じました。Android TVですから、音声入力でGoogleアシスタントが使用可能です。

現時点で、Amazon Prime VideoやYoutubeを視聴した程度であまり使いこんではいませんが、AmazonのFire TV Stick 4K Maxとは異なる選択肢として面白いのではないかと思います。



スポンサーリンク
タグ:Android TV
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。