So-net無料ブログ作成

オークションにはびこる偽物オーディオアクセサリー [AUDIO]

スピーカーケーブルやインシュレーターのようなオーディオアクセサリーは、最近のものは高額ということも有り、以前から偽物の多さが指摘されていました。

先日、ちょっと欲しいパーツがあって、オークションも含めて眺めていたら、Hubbellというアメリカのコンセントやコネクター類を作っているメーカーの製品が妙に安く新品で出ているのを発見。まあ、安いだけなら、ストックを処分したいと考えればよいのですが、面白かったのは、そのメーカーには、存在しないIEC320の100~120Vタイプのソケットまでセットになっていたのです。2013年のHubbell社の総合カタログで確認しましたが、250VタイプのIEC320ソケットは出していますが、100~120Vタイプは出していないのです。

怪しいHubbelのコネクターの出品者のその他の出品物を見てなんとなく納得。相場とかけ離れた値段の海外製スピーカーケーブルやアクセサリー類が大量に出品されていました。

此等はどこから流通しているのか、私が仕入れているわけではないので判りませんが、例えば、最近有名になっているalibabaというE-commerceサイトで、検索すると、あり得ない値段で高級オーディオアクセサリ類が出品されていることが判ります。

たとえば、Kimber Kableを検索してみると ← クリックしてみてください。

驚くような値段です。Kimberはアメリカのメーカーですが、Chinaの深センから出荷されるものを数多く発見しました。

さて、これはKimberの工場が深センにあって、そこから世界中に販売されている正規商品でしょうか?それとも、Kimberの工場か下請けが、メーカーに内緒で流しているモノとしては本物の商品でしょうか?それとも、Kimberとは全く関係のないコピー品でしょうか?

Kimberの公式ブログにこういうエントリーがありました ← クリックしてみてください。 

そういう怪しげなものが、オークション経由で流通していても、私は驚きません。

中古市場でメジャーなブランドのオーディオケーブル類を購入するときは、日本の代理店の記名入りの素箱や、海外購入品でも信頼できるショップで購入した証拠がないものは、偽物のリスクがあると考える必要がありそうですね。

 


スポンサーリンク
タグ:auction
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました