So-net無料ブログ作成

スピーカーの設置について [AV FAQ]

実際には他の家具やオーディオラックとの位置関係もあり、理想どおりとはいきませんが

  • 左右のスピーカーの間隔・角度
  • リスニング位置との距離
  • スピーカーと壁の距離、位置関係
が、主な要素になると思います。

左右のスピーカーの間隔を広げれば、音の広がりの範囲は、その分、広くなります。たしかに、録音時の左右チャンネルの位相の関係や壁からの反射音で、スピーカーの位置の外側にも音は広がりますが、基本的には、スピーカーの設置距離と音の広がる範囲は大きな関係があります。

一方、スピーカーの距離を広げすぎると。センターの定位が薄くなってしまいがちです。それは、スピーカーの水平指向性の問題で音が広がる範囲に限界があるからです。極一部の完全無指向性スピーカー以外、すべてのスピーカーの周波数特性は角度により変化します。スピーカーは正面方向の周波数特性が一番フラットになるように作られているものが多いですが、正面から離れるに従い、高域が減衰したり、クロスオーバー付近の帯域に乱れが生じてきます。(高級機に使われている高級なツィータは角度によって周波数が変化しないものが多く、有利です)

スピーカーを内振りにしてリスニング位置方向に向けて、周波数帯域の良い部分が耳に届くよう、センターの定位が薄くならないよう、距離と角度を調整するのが良いでしょう。私は可能な範囲でスピーカーの左右間距離を確保し、スピーカーをリスニング位置に向ける設置方法を推奨します。スピーカーを内側に向けるのは、スピーカーが左右の壁に近づき、左右の壁の反射音の影響が大きくなるのを避ける意味もあります。

故人ですが、あるオーディオ評論家が、スピーカーは正面向きに設置してエネルギーバランスが整うようにするのが基本だ。と、主張していましたが、これは、意味の無い事です。

スピーカーと壁、床の距離は、一つには低音の量感に関係があります。同時に床、壁からの反射音は音像の定位に大きな影響を与えます。

最近の小型スピーカーは、壁から離して反射音の影響を少なくし、音像定位の立体感を重視する方向で音作りされているものが多く、できるだけ周りにものを置かないように設置するのが推奨されているようです。ですが、壁との位置関係は低域の量感のチューニングの有効なので、壁との位置関係も検討しましょう。私の場合、比較的古い設計のスピーカーついては、壁に寄せて使って、低域の量感をコントロールしています。壁との間の反射音は、あとで吸音パネルや絨毯、カーテンで吸音する事で調整可能です。

音楽を聴くときだけ、スピーカーの位置を移動させて、最適なセッティングを実現させる方法もあるでしょう。ちょっと面倒ですけどね。業務用などで、キャスター付のスピーカーやスピーカー台が有りますが、音質的には良くありません。私も、スタジオモニターでキャスター付のスピーカーを所有していますが、キャスターを避けてインシュレーターを設置しています。

# 勿論、特注キャスターをインシュレーター代わりにつかっている。などというのは、冗談にもなりません。


スポンサーリンク
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 4

miya

私が、逸品館を利用するようになったのはやはりレーザーセッターを使ったセッティングです。
もともと理系的な思考なので、科学の原理に基づいているし、音(波長)の干渉の原理に則した考えなので信頼がおけます。
壁の反射音の影響をどう処理するかが難しいですね。
私のスピーカーT-3Gは、スピーカー背後の壁との距離が重要で、ある程度離すと、ずいぶん低音の量感が大きく感じます。
スピーカー間の距離と、スピーカーと壁との距離をうまく満たす条件を調べるのが難しいですね。
まぁ、それでもレーザーセッターがあるので内向きの角度の調整はずいぶん楽ですが。
新居での環境が楽しみです。

by miya (2009-02-07 00:13) 

YAS

私は開店当時からの古い友人です。(どこぞの掲示板では信者扱いされた事もありますが、そうじゃないんだな。

清原さんからのメールで、「スピーカーの位置を1cm変えただけで、音が劇的に変わる。」と、有った時には、ついにおかしくなったのかと思いました(笑

勿論、レーザーセッター以前のことで、実際にはスィートスポットから1mmずれただけで、最良の状態から見ると、比較にならないくらい音が駄目になることがわかったのは、もうちょっと後の事です。

スピーカーの距離、壁との位置関係は、最終的には、部屋の使い勝手との相談で良いのだと思います。私は専用の部屋を持っていますが、それでも、スクリーンの位置に制約されてしまいます。

by YAS (2009-02-07 00:55) 

miya

YASさんそうだったんですか。
道理で詳しいと思いました(笑)
初めて3号館に行った時、かなり緊張しました。
清原社長、なかなか気難しい人かと思いきや、こちらが質問すると親切に答えてくれるので見た目と違いますよね(笑)

じっくり聞くには専用の部屋が欲しいところですが、私の場合、家族を巻き込まないとこの趣味を続けれそうもないので、リビングとの共存が重要です。
まだまだ3号館のようにはいきませんが、初めてレーザーセッターでうまく調整できたときは感動モノでした。
今でも嫁は、2本のスピーカーで鳴らしても、前3本が鳴っていると思っているのでその効果はすごいですよね。
by miya (2009-02-07 20:07) 

YAS

もちろん、顧客であることについては変わりませんが。

20年近く前からの付き合いですから、清原さんが、気難しい人と思われているらしい事が、私にとっては不思議です(笑

リビングルームでは、音量などもそうですが、インテリアとの調和も大切ですね。たとえ音によくても音響パネルの類は大げさになってしまい、使いにくいでしょうし、太いケーブルの類が這いずり回っているのも見た目も悪いし、家族の生活の邪魔になりますね。私も、リビングではサラウンドをやらない予定だったので、ケーブルの配線やリアの設置に苦労しています。
by YAS (2009-02-07 21:26) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました